電気自動車設備実績

日産 新型リーフ試乗

本日は、以前から気になっていた電気自動車の先駆け(?)である日産自動車のリーフを試乗させて頂きました。

リーフと言えば、100%電気で走るEV車ですね!

日産リーフ 前景日産リーフ 後景

今回、お邪魔しましたのは姫路にある兵庫日産の営業所です。

(忙しいところをお邪魔しまして、すみませんでした。)

 

営業担当の方が助手席に乗り、早速試乗させて頂きました。

電気自動車の充電コンセント工事に普段から携わっておりますが、実はEV車に乗るのは今回が初めてです(^^;

(安全の為、試乗中の写真は撮れませんでした。)

 

初めて乗った感想。。。3つ

 

まず、パワーがすごい!!

っというのも、アクセルを踏み始めた時の加速がヤ・バ・イ です!

営業担当の方曰く、日産のスポーツカーと並んでスピードを競わせたら、リーフが勝ったらしい…

 


日産リーフ 車内


次に、個人的に気に入ったのが『 e-Pedal 』スイッチ。

このスイッチは、シフトノズルの前あたりにあるのですが、ONにするとアクセルのみで運転が可能というもの。

走行時は通常通りアクセルを踏む。減速や停止したい場合はアクセルを離せば、ブレーキを踏まずともエンジンブレーキ(回生ブレーキ)がかかり、停止する。もちろん、ブレーキは踏んでいない。

再スタートの際は、そのままアクセルを踏むだけ。

渋滞中は便利ですね~ しかもアクセルを離し、エンジンブレーキがかかる。この速度差のエネルギーで、少なからず充電してくれる。も~凄すぎて、、、何のこっちゃ?!

 

最後に、やはり航続距離。

今まで電気自動車の最大のネックは、この1回の充電で走れる距離が少なかったことですよね。

初代リーフでも200km走らないなどと聞いています。

それが、この新型リーフでは400km(カタログ値)になったそうです。

日産の営業担当の方曰く、岡山県新見市までの往復(300km以上)でも充電なく帰ってこれたそうです。

 

自分としては正直なところ、400kmでもまだ少ないな~と思ってしまうのですが、段々と技術が進歩して距離も長くなってきているんだな~と、この数字を見て実感できた事が最高にうれしかったです!

 

という事で、初めての電気自動車を体感してきましたが、現段階では日産・三菱が抜きんでているEV市場。来年か再来年には、独Audi や フォルクスワーゲン、メルセデスが相次いでEV車を投入してくるそうです。日本勢もガンバレ~~

世界が「脱ガソリン、電気自動車シフト」に動いていっている昨今。

こちらとしても、「自宅でEV充電」の一助となれるように、EVコンセント工事のことを日々研究していこうと思った1日でした。。。

 

 

 

神戸市北区 電気自動車充電『ELSEEV』-BMW PHEV

本日は、神戸市北区J様のご依頼で、PHEV車の充電コンセント工事を行ってきました。

取り付ける場所はガレージ横のこちら ↓


電気自動車 充電コンセント 自宅

電気を引き込んでいるポールに取付けとなります。

取り付ける機種は、最近人気の パナソニックELSEEVシリーズ ❝BPE021❞です。

所要時間は2時間半を頂きまして設置完了っ!

ELSEEV BPE021

程よい大きさで、気品のある、というデザインですね~

お客様お持ちのお車(BMW PHEV)は左前方に給電口がある為、すぐ差し込める位置になりました!

BMW PHEV電気自動車 給電口

欧州車は、どのメーカーも どの車種も早急にEV化しようと躍起になってるようなので、これからドンドンEV・PHEV車が増えそうですね~


 

本日はJ様、ご依頼ありがとうございました!

姫路市 電気自動車(トヨタ PRIUS PHV)充電コンセント工事

本日は、姫路市にお住いのお客様宅へ電気自動車 充電設備コンセントの設置でお伺い致しました。

車両は、久しぶりトヨタ プリウスPHVです!

 

まず、コンセントの設置ご希望場所をお聞きするところからです。

充電コンセント 設置場所

車を止める場所のすぐそばという事で、上記のあたりで決定。

次に、配線ルートの確認。そして、分電盤に空きがあるか・電気容量は?などなど…

 

今回は、お客様のご要望で、将来の為に30Aに対応した工事ならびに漏電ブレーカ設置工事を追加で行いました。

電気自動車用 配線 30A

通常工事の20Aと今回の30Aの違いは、何かというと・・・

当方へお気軽に質問してください m(__)m

ちなみに電気配線は、上記写真のように太さが変わってきます。


(上の黒と白の太い2本が30A用。下の細い白線がアース用)


電気自動車用 漏電ブレーカあと、EV
コンセント用の漏電ブレーカですが、こちらもお気軽に相談ください!!


というわけで、3時間ほどかかり工事完了っっ

EVコンセント設置最後にお決まりの充電しているところの写真も頂きました!

電気自動車 充電中トヨタ プリウスPHV姫路市M様、本日はありがとうございました!

播磨町 PHEV車用コンセント工事 三菱アウトランダー

本日は、三菱アウトランダー用の電気自動車 充電コンセント設置工事です。

アウトランダーPHEV

お客様曰く、三田にあるアウトレットまでの往復で燃費計算されたそうですが、20km/ℓを軽く超えたそうです!

この車体の大きさで、この燃費!! おそるべしPHEV車。。。

 

『今まではディーラーの店頭まで行って充電していたが、自宅充電できるように工事して欲しい』

 

というわけで、今回使用するコンセントは、Panasonic 充電ボックスELSEEVシリーズ BPE221になります。

この機器は見た目もよいうえに、24時間タイマー(オプション)も付いている為、充電するのが便利です!


EVコンセント内部


2人で作業する事、約3時間。

EVコンセント全景 EVコンセント内部1

播磨町A様、この度は 工事の注文頂きまして、ありがとうございました。

また、その後の燃費等教えてください!

 

三木市 電気自動車 充電設備(コンセント)設置工事

本日は、日産リーフをご購入された三木市のお客様よりのご依頼で、電気自動車(EV車)用のコンセントを増設してきました。

いまや電気自動車の代名詞のようになった車ですね!

 

という事で、朝9時から工事開始。

電気ブレーカーからコンセント設置予定位置まで15m以上ありましたが、ほぼ配線が露出する事無く、2時間半ほどで工事完了!!

EVコンセント施工

道路側からコンセント自体が見えない場所がいい。というお客様のご依頼を頂きましたので、上記のようにカーポート裏に取付けさせて頂きました。(写真奥が道路側)

ev-concent3

日産リーフに標準装備されている7.5mの充電ケーブルをつなぎ、

日産リーフ充電

早速、充電して頂きました。

満充電(約8時間)で約200km以上走るそうです!

憧れますね~~

 

電気自動車 充電設備工事(1戸建て)好調受付中です!

神戸市北区 電気自動車(EV)コンセント増設工事

今、防犯カメラと並んで需要のあるEV車(電気自動車)用のコンセント設置工事にお伺いしました。

取付のご希望場所はコチラ↓

 

EVコンセント設置希望位置

自動車の充電設備なので、設置する場所は当然 “外” になります。

家の中から電線を引っ張っていたのでは時間も費用も掛かります。今回は、コンセント取り付け位置の10mほど先に、電気メーターがありましたので、そちらから電線を引っ張ります。

開始して2時間。

EVコンセント設置後

無事、取付け完了!

充電ホース先端

↑このホースを電気自動車の給電口にプチュっと差す(…そうです。)(^-^;

イイですね~ 電気自動車。。

自分もいつかは乗ってみたいですね~

神戸市北区K様、本日はありがとうございました。

加古川市 電気自動車用コンセント工事

本日は電気自動車(PHEV)用の屋外コンセント設置をご依頼頂きました。

(null)

(null)
ボックスの中にあるのがEV用コンセントになります。ボックスは充電コードを収めておく為に、お客様が自作されました!

おウチで自動車を充電してお出かけ🚗
変わりましたね〜時代も(^^)

2 / 212

▲TOPへ